sapo-to1

さくらんぼ北田辺♪東住吉区オレンジキッズ(認知症キッズサポーター)見守り隊♪

先日、地域保健活動の一環である掲題の見守り活動が実施されました。
北田辺小学校の学童たちが帰宅困難となった高齢者の方々に声掛けを行い、ご自宅までお送りするという内容で実施されました。

その高齢者の方々のお住まいが「さくらんぼ北田辺」という想定で行われ、学童たちが3グループに分かれて、無事に目的地である当館に送り届けるという 責務を立派に果たされていました。

この見守り活動において、当館は学童たちが目指す目的地として二度目の場所に選ばれました。
老若男女を問わず、ますます地域に根差し社会寄与に努めてまいりたいと思います。

1

ポミエ上本町・さくらんぼ清水丘♪フラワーアレンジメント

ポミエ上本町とさくらんぼ清水丘にてフラワーアレンジメントが開催されました😊
利用者様、御家族様、スタッフさんで賑やかなイベントとなりました!
親子でお花をしている光景がとても微笑ましかったです^^

今回のお花は、菜の花やフリージア、黄色い薔薇とまさに春先取り🌸

3

お花の後は美味しい和菓子やゆず茶を頂き心もおなかも喜んでました^^

2
S__6881307

「介護ロボット導入で変わる介護現場」マッスルスーツ

先日、29年1月30日にNHK番組にて、弊社が取り扱う介護ロボットのマッスルスーツが特集されました!!

NHK 関西NEWS WEB
「介護ロボット」導入で現場は

http://www.nhk.or.jp/osaka-news/ 

リンク 放送期間には限りあります
(2月6日を過ぎると観れなくなります)

介護の現場で働く人をサポートする介護ロボット ロボットの導入で介護現場はどうかわるのでしょうか?

特集は、東住吉区にある介護付き有料老人ホーム「北田辺輝きの郷」で撮影。

取材を受けた糸川さんは介護士になってから10年近く『腰痛』で悩まされてきました。

S__6881299 S__6881300

腰痛で悩むスタッフを少しでも減らそうと導入したのが着用型介護ロボット マッスルスーツです。

ロボットの中に空気を入れて空気圧やゴムの伸縮で腰への負担を3分の1に・・・

S__6881301 S__6881302

ベットから抱えての移動は、食事や入浴の際など1日に3回以上行われておりロボットが導入されたことで”腰への負担があまり気にならなくなった”といいます。

S__6881303

使用している糸川さんも負担への軽減につながるのであれば、新しいロボット、最先端の物を使用したいと話されました。

S__6881304

身体への負担や腰痛で職場を離れざるえない事も実際にあるのでロボットを使いながら改善することで幅広いスタッフが介護現場で活躍できると話す。

S__6881306

弊社では、更に4台追加いたしました!!

S__6881305